キラウエア火山国立公園が再開

キラウエアの現在

8月初旬から火山活動が落ち着き、キラウエア山頂の地震も減少しました。
キラウエア山頂付近で頻発していたマグニチュード5クラスの大きな地震は8月2日が最後となっており、ハレマウマウ・クレーターでの目立った崩壊も同日を最後に確認されていないようです。
ただ、私が8月15日にヒロの津波ミュージアムに行った際に見た地震の記録では、小さな地震はあるようでした。
とはいえ、ハワイ島でヒロやコナ、ワイコロアなどの私たち観光客が足を運べるエリアでは体に感じる地震はありません。

火山国立公園の再開

※2014年撮影

火山活動が落ち着いてきたため、ハワイ火山観測所(HVO)では、8月17日(金)にはアラートレベルを、”Warning” から “Watch” へと引き下げました。
そして、2018年9月22日の一部再開に向けて検査、修繕が行われたそうです。
9月22日午前10時より下記エリアが再開予定です。

•  Kīlauea Visitor Center (closes at 5 p.m.)
•  Hawai‘i Pacific Parks Association store at Kīlauea Visitor Center (closes at 5 p.m.)
•  Crater Rim Trail between Volcano House and Kilauea Military Camp
•  Sulphur Banks Trail
•  Crater Rim Drive to Steam Vents
•  Kīlauea Iki Overlook and parking lot
•  Devastation Trail and Pu‘u Pua‘i
•  Crater Rim Drive to Keanakāko‘i Crater, for pedestrians and bicyclists only
•  Mauna Loa Road to Kīpukapuaulu. The road will be open to pedestrians and bicyclists past Kīpukapuaulu
•  Sections of Escape Road from Highway 11
•  Chain of Craters Road

Volcano Art Center Gallery と Kilauea Military Campも9月22日に再開予定で、
Volcano Houseも一部サービスが利用可能になるようです。
ただ、ハリケーンなどの影響で上記のエリア全てが問題なく再開できるかはまだ分からないとのことですので、もし近々行かれる方がいらっしゃいましたら、最新情報を国立公園のHPで確認してからの方がよさそうです。

8月中旬に感じたこと

私が訪れた8月中旬頃は、ちょうど火山の活動が落ち着いた頃だったので、現地の様々な方々から「ちょうどいい時にきたねー」と言われました。
7月頃まではコナサイドにVOGが結構流れてきていたので、私が滞在した部屋からゴルフコース越しに海が見えるのですが、その海がまったく見えなかったそうです。


また、ケアウホウS.C.の駐車場からの美しい山や海の景色も全然見えなかったとお聞きしました。
VOGに関しては距離が近いヒロよりも、風の流れでコナサイドの方が影響が大きかったそうです。
ですが、私が滞在していた8月中旬は全く影響ありませんでした。

それよりも、観光客の減少の方が深刻な問題だと言う方もいらっしゃいました。
確かに、日本でニュースを見たり聞いたりすると、「火山の噴火」「地震もある」なんて聞くと、恐ろしいと感じてしまいますよね。
それぞれの判断となりますが、ハワイ島旅行に行く予定が決まっている方は、大丈夫だろうと思いつつも、どうなんだろう…と不安もあるかと思います。
このブログにも、キラウエアの現在を知りたくて検索して見てくださっている方が多くいらっしゃるようでしたので、私が8月に身をもって感じたことをそのままお伝えしました。
私にとってハワイ島は島全体がパワースポットであり、本来の自分を再確認できる場所なので、今年行って良かったなあと思っています。
行かれる方はしっかりと情報を収集して楽しんでください!