CAFE&BAR&STAYなお店 KIKKA

久しぶりに更新するサロンの近くのお店です。
先日、サロンに向かう道を少し変えて歩いていたら発見。
なんのお店かなあと気になったので、後日ランチで行ってみました。
こちらのお店、ほとんど全面ガラス張りなので他のお客様もいらっしゃったため、外観の写真が撮れませんでした。
でも、ソファー席もあって、ゆっくり寛げましたよ。
そして、体にも世界にも優しい素敵なお店でした。

優しいランチ

ランチはまるでおむすびが主役のようなメニューでした。
私が頼んだKIKKAランチはおむすび2つにお惣菜2種とからあげ2つ、そしてお味噌汁というセットでした。
そして冷たいほうじ茶もついてきます。

体に優しいけれど、しっかりボリュームもあって美味しかったですよ。
他にもいくつかメニューがありましたが、いずれも料理家のSHIORIさんとコラボレーションして作られたそうです。
なぜ「おむすび」がメインなんだろう?と思っていたら、こちらのカフェはホステルとカフェとバーが一緒になった空間だったのです。
外国から来られるお客様に美味しい日本のおむすびやお味噌汁などを召し上がって欲しいということだったんですね。
外国のお客様も日本のお客様にも受け入れられる味を追求されたそうです。
おむすびって日本ではお母さんのイメージが強く、あったかいですよね。
そんなあたたかいおもてなしのイメージなのかなあと思いながらいただきました。

こだわりのコーヒーやビール

こちらのKIKKAさんでは、こだわりのコーヒーやビールもいただけるそうです。
コロンビアの契約農家からフェアトレードを行っているlohasbeans coffeeとコラボレーションし、高品質なコーヒー豆を輸入されているそうです。
栽培から焙煎まで一貫管理し、農園と消費者をつなぐコーヒーを作り上げているそうです。

そして、「ごみゼロ」活動を目指すエコの町、徳島県上勝町のクラフトビール「KAMIKATZ」を楽しめるそうです。
東京でもまだあまり飲めるお店は少ないそうですよ。

私も次回はこだわりのコーヒー、もしくはビールを飲みに行こうと思います。

サスティナブル活動

サスティナブルって何?と思ったので調べてみると、「持続可能な仕組み」だそうです。
「あなたがこのホステルで時間を過ごすと、出会いときっかけが生まれ、更には世界が笑顔になる。」というテーマで、宿泊やお食事を通して無理なく自然な形で社会に循環させる仕組みを作っているそうです。
私たちがお食事などをするというアクションをすることにより、アフリカの子どもたちに給食が届くそうです。
ほんの少しの貢献かもしれませんが、こういった取り組みをする場所を選んでお食事やお茶をすることも小さな一歩ですね。
ホステルがオープンすると、きっと1Fのカフェも外国人を含めもっと賑やかな雰囲気になるでしょうね。
それも楽しみです。

お店のデータ

KIKKA
東京都千代田区東神田1-3-3
03-5825-4826
※現在は1Fのカフェのみ営業
※ホステルやBARは8月下旬にオープン予定
1F CAFE  7:30~24:00
(夜はおむすびではなくイタリアンだそうです!)

 

ハワイアンロミロミサロン Kai Wahineはオープンキャンペーン中です!

◆サロンメニュー
◆ご予約受付フォームはこちら

友だち追加